会計財務

会計・財務

研修企画趣旨

会計はビジネスの言語です。ビジネスの成否を測るのは「儲け」です。
儲けの指標の代表格は会計上の利益です。
そのためには損益計算書(PL)と貸借対照表(BS) の深い理解が必要です。
演習を通し理解を深めていきます。【財務会計】
固定費と変動費の概念も利益を出す方法を考えるときに非常に重要になります。【管理会計】
さらに、投資とリターンに関する考え方に関しても触れていきます。
会計と財務の基礎がないと、マーケティングや競争戦略で導き出されたビジネスコンセプトも定量的に検証していくことができません。
ビジネスパーソン必須のコースと言えます。
2日間で全くの入門者を、簡単な財務分析ができるレベルにすることがこの研修の目的です。

研修効果

研修受講後には、参加者は下記を習得します。

  • BS(貸借対照表)、PL(損益計算書)、CS(キャッシュフロー計算書)の財務3表を理解する。
  • 売上総利益、営業利益、経常利益、純利益の違いを理解できている。
  • 貸借対照表の骨格を理解し、左右が同じ金額になることが説明できる。
  • キャッシュの流れと利益の増減のメカニズムが理解できている。
  • 簡単な財務分析ができる。
  • 貸借対照表のマネジメント(資産管理)ができるようになる。
  • 損益計算書のマネジメント(利益管理)ができるようになる。
  • 会計をマネジメントのツールとして使えるようになる。

スケジュール

1日目
AM 会計概論
会計とは
会計の歴史・法体系
損益計算書
骨格の理解と見方
会計上の利益の違いを理解
PM 貸借対照表
複式簿記の考え方
骨格の理解と見方
勘定科目の理解
事業戦略
財務3表の作成演習1
企業活動のシミュレーションに基づき、記帳・決算をする( 損益計算書・貸借対照表)
1日目
AM 財務3表の作成演習2
企業活動のシミュレーションに基づき、記帳・決算をする( 損益計算書・貸借対照表)
キャッシュフロー計算書
PM 財務分析の基礎
ROAとROE
貸借対照表のマネジメント
投資効果の考え方を理解
資金調達の方法
損益計算書のマネジメント
利益の生まれるメカニズム

プログラムベース理論

会計戦略:PLやBS といった財務諸表を通してビジネスの戦略を練る。

会計戦略

財務戦略:いかに効果的に投資をしていくかを考える。

企業の投資の基本・・・プロダクトライフサイクルと固定費・変動費

財務戦略

プログラム一覧

  1. 工具
    競争戦略

    差異化を考え競争への対応を考えます。多くの基本戦略理論を学びます

  2. マーケティング

    思考法のサポートを加え、実践的なマーケティングを学びます。

  3. 会計財務
    会計・財務

    ビジネスの言語として会計の知識とともに、投資効果の検証を学びます。

  4. 戦略プロフェッショナル

    ビジネスケースを使い、問題解決の基本プロセスと戦略思考の基礎を学びます。

  5. マネージメント
    マネジメント

    人的資源を使い、どのように組織開発をして成果を出す考え方をマスターします。

  6. ロジカルシンキング
    ロジカルシンキング

    論点とファクトベースで考える分析や発想の基本を学びます。

  7. akusyu
    ファシリテーション

    質問による相手の共感を引き出すコミュニケーションを学びます。

  8. 電話
    ネゴシエーション

    社内外の調整のためのコミュニケーションを学びます。仕事力の基本です。

  9. プレゼンテーション

    相手に伝わるコミュニケーションの本質をプレゼンテーションを通して学びます。

  10. ビジネス・コミュニケーション

    プレゼンテーションや交渉を通じてビジネスコミュニケーションの本質に迫ります。

  11. セリング

    ソリューションをキーワードに顧客価値創造をキーワードに販売を考えていきます。

PAGE TOP